黒ハートさぁ、宅建を取得しよう黒ハート

2009年09月06日

2009全日本宅建公開模試、忙しい人は自宅受験

LEC、始まりました!!!わーい(嬉しい顔)

2009全日本宅建公開模試

自宅受験ということで模試を自宅にいながら受験できます。

今の実力がどの程度なのか。・・・ランキングぴかぴか(新しい)

10月の本番の前に今一度、確認する時期が今かもしれません。

問題ごとに全受験生の正解率が出ますので、弱点を発見でき、その後の学習に活かせます。


★重要論点の確認!全日本宅建公開模試・基礎編(全2回)
本試験の時期に近づけば近づくほど瑣末な知識に目が奪われがちなもの。そのような時期だからこそ、過去に繰り返し出題されている重要論点の再確認を意識的に行うことが大切になります。「基礎編」では、合格するために不可欠な重要論点の知識の穴を発見できるとともに、直前1ヵ月の学習の優先順位を教えてくれます。

★600の知識の確認!
全日本宅建公開模試・実戦編(全3回)
本試験と同じ2時間で50問解くことで、今まで培ってきた知識とテクニックが、確実に習得できているかどうかを最終チェックします。「実戦編」は可能な限り知識が重ならないように作られています。ですから、1回の公開模試につき200の知識(4肢×50問)、3回全て受けると600の知識の確認ができます。各問題の正解率データを駆使して効率的な復習をし、自分の弱点を効率よく克服。

2009全日本宅建公開模試
回数 :5回販売終了日 :2009/10/17



P.S.

↑↑↑
おかげさまで、、、ずっーーと一番です。目
ありがとう。わーい(嬉しい顔)

この記事へのコメント
自分の学習成果が問われた結果になったかも。

模試も模試でよかったのですが、やっぱり過去問題は過去ですし、今年の宅建は大きく代わった気がしましたよ。


試験内容もどんどん今後は変わってくるんでしょうね。

学校に通って合格する人もいれば、独学で合格できてしまう人もいますし、学習方法は本当に千差万別ですね。

Posted by 聞いた! at 2009年10月29日 19:51
確かに仰るとおり、今年の宅建は出題傾向がかなり変わりましたね。私が受験したときとは少し変わりました。ですから、学習の仕方を今後受験される方々は工夫と対策が少し必要なきがしております。

>過去問題
この件に関していえば、"過去"ですからやはり"過去"と捉えております。
参考になる"過去問題"と考えてました。

>独学で合格できてしまう人
独学で合格される方と、塾や予備校のようなところに通って合格される方の二つに分かれますが、一概にどちらが良いかというのは今は正直は分かりませんね。

独学の良いポイントは、費用を安く抑えることができる点ですね。

最近、学習で思うのが「WEB」を使ったオンライン講座。

これは本当に使い方によってはかなり便利です。動画で授業を受けているように学習ができるからですね。

忙しい社会人向けですね。


Posted by 江梨子より at 2009年10月30日 04:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

宅建 DS
Excerpt: 宅建 DSの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「宅建 DS」へ!
Weblog: 宅建 DS
Tracked: 2009-09-06 02:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。